ホーム > 現金化 > クレジットカード換金の安全性

クレジットカード換金の安全性

クレジットカードの換金の安全性について、クレジットカードの現金化というサービスは、2002年ごろからはじまったサービスです。

その当時は今のようにキャッシュバックつき商品などはなく、クレジットカードで購入できて換金出来ればいいという感覚でした。

キャッシュバックによる、換金方法は、自分で行うことは出来ませんが、知人、友人にお店を経営しているひとがいれば不可能ではないです。

カード現金業者を摘発、逮捕というニュースをみかけますが、摘発されたカード業者はキャッシュバック型でインターネットでカードのショッピング枠であまり値打ちのない商品を買わせて、後からキャッシュバックという形で購入金額から手数料を差し引いた現金が振り込まれる方法で現金化おこなっています。

摘発、逮捕された業者は、貸金業者や古物商の営業許可を持っていなかったり、クレジットの加盟店の契約をしていないため、無許可で貸金業を行っていると見られ出資法違反で摘発されています。

カードを現金化を利用するときには、トラブルや詐欺といった犯罪に巻き込まれないように気をつけてください。

カード現金化の店舗型の業者は、実際に店を構えて営業していて、お客様がカードのショッピング枠で商品を購入したものを実際に買い取って現金化します。

店舗型の業者はキャッシュバック率、還元率ではなく換金率と言います。

店舗型の業者は実際に店舗を持っているので無店舗とは違って、違法行為をすれば、すぐに摘発されてしまうので、安心、安全です。

それと即日で手間もかけたくないって方にはネットからすぐに申し込みが出来てすぐに現金化してくれる業者もありますので参考にしてみてください。

口コミで人気のビックギフト


タグ :