ホーム > 注目 > 歯医者の選び方

歯医者の選び方

歯医者の選び方ですがやはり患者さんに

優しい歯科医師が1番だと思います。

ここでは小宮山歯科医師について紹介したいと思います。

 

インプラントを手掛けるようになったきっかけは、

患者さんの言葉です。30年以上前、私は入れ歯を

極めようと大学の教室に残り、臨床と研究を

続けていました。しかし、ある時入れ歯を作って

差し上げた患者さんが来つぶやかれました。

天然の鳩が違いますね。

いくらがんばってもいればでは理想の飯にできません。

噛めない、外れる動いてしまう。機能的な問題だけなく、

精神的な問題もあります。患者さんの言葉で

妥協と諦めで入れ歯を使っている人がほとんどだと、

気づかされたのです。

 

一方、当時はセラミックスのインプラントが

ありましたが、発表される論文が科学的では

ありませんでした。

 

そんな時現在インプラントの父と呼ばれる

スウェーデンの解剖学者ブローネマルク教授の

論文と出会ったのです。

 

教授はチタン製のインプラントを患者に埋め込んで、

余年経過した症例を報告していました。

 

それを読んで可能性を感じ、すぐスウェーデンの家で

ポリタン薬に向かいました。


関連記事

  1. 歯医者の選び方

    歯医者の選び方ですがやはり患者さんに 優しい歯科医師が1番だと思います。 ここで...

  2. 突発性難聴で困らないために

    突発性難聴で困らないために、 このサイトとか見ておくと良いのかもしれないです。 ...